メニュー

教会の沿革

1.はじまり

玉川キリスト教会は、1898年12月、日本バプテスト教会連合、東京地区の16番目の開拓教会としてスタートしました。福井誠牧師のビジョンに基づく、株分け方式ではない、信徒ゼロからの開拓でした。初めは二子玉川駅前のAMビルの貸しホールで毎週日曜日の礼拝を、その他の集会は福井牧師が住む一畳一間のアパートにて行ないました。その後間もなくしてオーナーチェンジのためAMビルでの活動が出来なくなり、セントメリー・インターナショナル・スクールの一教室や二子玉川地区会館にて、集会を続けてまいりました。

2.会堂取得

2001年に東京地区連合の経済支援から自立、2003年二子玉川商店街の中に、現在の玉川グリーンハイツ地下1階部分ワンフロアーを購入し、恒久的な活動拠点と定め、新たなスタートを切りました。この大きな決断をしたメンバーは牧師夫妻を含めてわずか6人、開拓伝道開始13年目のことです。しかしこれによって、ヤングファミリーや歩いて通える距離に住む地元メンバーが加えられ、教会の核が生まれました。

3.核形成

2007年、福井牧師は百合丘教会の顧問となり兼牧し、2009年に百合丘教会の再建を達成し、その間玉川と百合ヶ丘の教会のメンバーが一緒に礼拝したり、聖書研究会を実施したりするようになったことが、互いの霊的成長の助けとなり、教会の核形成がさらに進みました。子どもたちのミニストリーも広がり、百合丘教会のみならず、新座志木教会と三教会で合同のサマープログラムも定番化しました。

2013年には、牧師・牧師夫人を核とする運営体制から牧師と執事を核とする執事会による運営体制に移行し初め、信徒の教会運営の意識が高まり、2015年にようやく教会が執事会のリーダーシップのもと、組織として動いていく体制を整えました。

4.関連活動

以上の流れの中で、玉川キリスト教会は、多方面の活動を進めています。一つは、教会が地域社会にオープンとなり、社会の課題に取り組みながらキリストの十字架愛を実践することを目指して、1995年4月よりHFDJの活動を開始しました。これは、フィリピン国セブ島のNPO団体であるMHDSC、MHCPCの働きである貧困世帯の生活自立支援プログラムについて理解を示し協力できる方々を募り、具体的に支援するかかわりの中で、キリストの愛を実践していくものです。2006年よりネパールの貧困、またモンゴルのリハビリクリニックも開始、2008年に東京都認証のNPO法人となり、2012年に国税庁認定のNPO法人となり、2015年からは、養蜂や米増産プロジェクトなどを開始、アジアの貧困問題に総合的にアプローチする活動を展開し、現在に至ります。

また、信徒教育活動の一環として1999年に信徒向けに背信されたパストラルメールは、一週一度の配信頻度を高め2006年12月より毎日配信され、さらに、WEB上では、「パスタ―まことの聖書通読一日一生」として開始されました。毎日一日一章聖書を読み進み、神とよき時を過ごすことによって一日一生を得ることを標語に、3年半の聖書通読を進め現在2017年10月9日より第四シーズンが開始されています。

なお、2015年からは、3.11東日本大震災被災地である宮城県七ヶ浜国際村に中橋修・マリ先生ご夫妻を送り出し、開拓伝道がスタートしています(七ヶ浜ライトハウス教会)。さらに米国シカゴのフェイス教会(コンバージ)、2016年からは米国シンシナティのピープルズ教会(アッセンブリ―ズオブゴッド)、モーズニーのグッドニューズ教会(コンバージ)との青年交換交流プログラムがスタートしています。