教会の特徴

1.礼拝を活動の中心とする教会です
初期教会の礼拝は、ユダヤ教の会堂の伝統を受け継いだ、聖書の言葉を中心とする第一部と、キリスト教独自の主の晩餐(聖餐)を中心とする第二部からなっていました。それは、実に単純なプログラムをもって、キリストの十字架と復活の恵みを想起し、喜びを感謝をもって神とよき時を過ごすものでした。玉川教会は、その初期教会の礼拝のスピリットを大事にし、その礼拝に与ることを目指します。
そこで、礼拝以外、教会に諸行事を増やすことなく、教会での奉仕も出来るだけ合理化、簡素化し、人数が増えても、教会が、その活動の中心となる公的礼拝において主の安息と平安に与る場となることを心がけています。ですから、日曜日の午後は、個人や家族が主の安息を楽しむ時間として礼拝の余韻を持って家庭に速やかに帰ることを奨励しています。
お子様連れのご家族も、親子で一緒に礼拝することを勧めます。互いに励まし合い、集まり合って、共に神を礼拝することが人生の祝福になると信じます。

2. 聖書主義、聖書通読で養われる教会です
玉川キリスト教会は、聖書をコツコツと読み続け、聖書全体を通読し、聖書が語っている内容を体系的、実践的に理解していくことが、何よりもの霊的成長と成熟につながり、自分の周囲にも大きな祝福をもたらすきっかけになると信じ、互いに励まし合って、そこを中心として教会活動を進めていきます。
このために、福井牧師からは、毎朝聖書通読を励ます一日一章のメッセージが配信され、さらに毎週日曜日の礼拝と水曜日の祈祷会にて、通読の進度に合わせたメッセージが語られます。また、現在PBAラジオ放送毎週水曜日福井牧師の担当の時間は、通読の進度に合わせたメッセージが放送されています。
メールによるメッセージ配信は1996年より、WEB上のブログ(パスターまことの聖書一日一生)は、2008年1月1日から実施しています(⇒http://thousandtimesbless.com)。「聖書の世界に浸るなら玉川キリスト教会」です。

3. 信仰的であると同時に常識感覚を大事にする教会です
玉川教会の基本的なDNAは、クールであること、つまり内においては熱い信仰と愛を抱いていても、極めて常識的、理性的な感覚を併せ持つ信仰の在り方を大事にします。たとえば癒しや奇跡などについては、それがあってもよいと考えますが、それらを信仰的な条件とは考えません。また、政治や国家への関りについては、どのような政治的な立場の方も受け入れますが、政教分離の原則のもと、個人の確信が尊重されることが大事であると考えます。ですから、署名活動などは、個人的な関りを通して依頼することがあっても、教会として求めたりすることはありません。むしろ、世界の変革は個人の魂の変革から始まるのだと信じます。個人が変革せずに、地域共同体の変革はなく、まして世界の変革はないと考えます。
そして個人の変革は、今ある人間関係の中での人間としての成熟として考えます。また成熟に画一的なイメージ、つまりこれが模範的なクリスチャンというステレオパターンがあるとは考えません。人間十人十色、それぞれが、それぞれの個性に基づいた信仰の成熟、人間としての成熟があると考えます。ですから、唯一教会が個々の教会員に求めることは、「神とよき時を過ごす」つまり聖書通読の取り組みであり、時代に生きるキリスト者として信仰的であると同時に、常識感覚を大事にしながら、人間としていかに生きるべきかを考え抜いていくことです。

4. 地域と日本、そして世界の祝福となることを願う教会です
玉川キリスト教会は、教会の置かれた地域、また日本が、さらには主の祝福に与ることを願う教会です。そのために、教会のメンバーは、自分が住んでいる地域の隣人、友人・知人のために祈ります。二子玉川の地域性に合わせて、隣人、友人・知人には外国人も含まれることは言うまでもありません。実際、玉川教会の礼拝出席者の1.5%は、外国人です。礼拝は日本語ですので、英語の通訳が付きます。
地域と日本、そして世界の祝福となることを願うために、玉川の教会では、BLESSの祈りを大事にします。つまり隣人のための、Body(身体の健康)Labor(仕事の祝福)Emotion(情緒的守り) Social(社会生活の守り) Spirit(霊的・信仰的な喜び)の五つの必要のために祈り、聖書に書かれているとおりに隣人、友人・知人、そして日本や世界の人々が主の祝福に与ることを確信し祈ります。