牧師 福井誠

略歴

1961年、秋田県生まれ。
高校から神学校へ。その後、医療技術短期大学で作業療法を学び、大学病院に勤務。26歳の時、再び神学校で学び、東京・世田谷区の二子玉川で牧師として働き始め、現在に至る。

 

現在の仕事、役職

玉川キリスト教会牧師
日本バプテスト教会連合理事(世界宣教部担当)
特定非営利活動法人(NPO法人) HFI(Hope and Faith International)代表
太平洋放送協会、ラジオ牧師
東京基督教大学(国際キリスト教福祉学科)非常勤講師(障がいの理解)
お茶の水聖書学院教務主任
福音主義神学会東部部会実践神学担当理事

 

学歴

弘前大学医療技術短期大学部(現弘前大学医学部保険福祉学科)作業療法学科、日本大学文理学部(英米文学)、慶應義塾大学法学部(国際政治学)、ルーテル同胞聖書神学校(聖書科)、聖契神学校(本科・研究科)、東京聖書学院、神戸ルーテル神学校大学院卒(神学修士)。佛教大学大学院教育学研究科卒(教育学修士)。米国ベテル神学校大学院卒(牧会学博士)。産業カウンセラー、リツールコーチ、NCDコーチ

 

著作活動

訳書
1984 「新版リビングバイブル」一部資料(いのちのことば社)
1992 D.クラッセン「オブジェクト・レッスン」(CS成長センター)
2000 J.M.ドレッシャー「子どもに信仰を伝えるための20章(第1刷、第2刷)」(CS成長センター)

執筆
1992 特別聖書学課「神さまの愛とイエスさまの十字架」(CS成長センター)
1993 特別聖書学課「神さまのみことば」(CS成長センター、1993)
1994 特別聖書学課「神さまとともに歩む」(CS成長センター、1994)
1999 特別聖書学課「イエスさまのたとえ話と主の祈り」(CS成長センター、1999)
1996 教会学校教案誌「成長」第7サイクル教課研究(CS成長センター:1998まで)
1995 「青少年の性的問題とその周辺」「いのちのことば」(いのちのことば社:1996/07まで)
2000 「バイブルプロミス366」-創世記から黙示録まで-(共同執筆:CS成長センター編)
2000 「信仰のバトンタッチ」(共同執筆:CS成長センター編)
2001 「21世紀の教会と子供への伝道」(共同執筆:CS成長センター編)
2002 「宣教学リーディングス日本文化とキリスト教」(共同執筆:福田充男編)
2007 「変わらない約束」(いのちのことば社)(共著)
2008 「だから心が歌いだす」(いのちのことば社)(共著)
2008 「教会学校ハンドブック」(共同執筆:CS成長センター編)
2008 教会学校教案誌「成長」第11サイクル教課研究(CS成長センター:2008年より2010年までの予定)
その他「百万人の福音」、「クリスチャン新聞」、「JEA(日本福音同盟)英文機関誌、<Japan Update>」、「教会学校」、「CSKフォーラム」、「KGKニュース」などに寄稿
論文
2000 「現代の青少年問題と教会教育の役割」(RACジャーナル第6号:文脈化研究会)

学会発表
1986 第12回職業リハビリテーション研究大会「職業リハビリテーションにおける用語の混乱」(共同研究)
1986 第2回宮城県作業療法学会「ケースステダィ-ADL自立に至らなかったCVAの症例」
1987 第21回日本作業療法学会「道具の持ち方と運動パターンー鋸引き時の上肢筋活動分布-」(共同発表)