聖書を学ぶ

聖書を学ぶとは言いますが、基本的に信仰者にとって、聖書を読むことは、神とよき時を過ごすことに他なりません。
聖書は、旧約聖書と新約聖書の二つの書からなっていますが、いずれも熟読に値する内容です。熟読しつつ、そこに神の語り掛けを受け、日々、罪の赦しとその恵みを味わい知っていくことが重要です。そのためには、毎日少しづつでも、聖書を通読していくことがよいでしょう。聖書通読のために、聖書通読ブログをお勧めします。また、ぜひ、お近くの教会の礼拝に通って、聖書のことばに耳を傾けていただきたいと思います。遜って神の言葉を求めるところに祝福があるからです。

1. 入門クラス

毎週日曜日の礼拝後、20分程度の小規模なクラスをもって、聖書を少しずつ読んでいます。
教会は初めて、という方もぜひご参加ください。

2. 聖書の学びと祈りの会

毎週水曜日の聖書研究祈祷会では、少人数で聖書を読み、分かち合いをしています。
教会に慣れていない方でも抵抗なくご参加いただける内容です。