教会の沿革

 玉川キリスト教会は、日本バプテスト教会連合東京地区連合の開拓教会として、1989年、12月よりスタートしました。株分け方式ではない、信徒ゼロ、牧師単身からのスタートです。初めは、二子玉川駅前のビルを時間借りして礼拝を開始、その後は、玉川地区会館やセントメリーズインターナショナルスクールなど、いくつかの集会所を時間借りして、集会を続けてまいりました。

 2001年に東京地区連合の経済支援から自立、2003年二子玉川商店街の中に、会堂を設け、活動を進めています。教会形成に前進する動きが見られたのは、この2003年の現会堂取得以降で、ヤングファミリーや歩いて通える距離に住む地元メンバーが加えられてからです。

 また、2007年、福井牧師が百合丘教会の顧問となり、玉川と百合ヶ丘の教会のメンバーが一緒に礼拝したり、聖書研究会を実施したりするようになったことが、互いの霊的成長の助けとなり、教会の核形成が進みました。子どもたちのミニストリーも広がり、百合丘、新座志木と三教会で一緒のサマープログラムも定着した。

2013年には、牧師・牧師夫人による教会の推進体制が牧師と執事の協働による、いわゆる執事会による運営の体制に移行し初め、信徒の教会運営の意識が高まり、2015年にようやく教会が執事会のリーダーシップのもと、組織として動いていく体制となりました。

また、2015年からは、米国シカゴのフェイス教会(コンバージ)、2016年からは米国シンシナティのピープルズ教会(アッセンブリ―ズオブゴッド)、モーズニーのグッドニューズ教会(コンバージ)との青年交換交流プログラムがスタートしています。