教会の信仰告白

第一章:聖書

私たちは,旧新約聖書66巻(以下聖書)が,神から独自に霊感を受けた人々によって書かれた、誤りのない神のことばであることを信じる。したがって、聖書は全く信頼するに値し、信仰とその実践のすべてにわたり、最高の権威を持つものであると信じる。

さらに,聖書が読まれる時には、御霊がその救いの啓示の意味を正しく解きあかされることを信じる。

第二章:神

私たちは、万物の根元であり創造主である、生ける神を信じる。神は、父と子と聖霊の三位一体のお方であり、完全なる聖、真実なる義、無限なる知恵、際限なき力によって万物を支配しておられることを信じる。

父なる神は,あわれみ深く、人間の必要に関心を払い、祈りを聞き、こたえをお与えになるお方であり、イエス・キリストを通してご自分のみもとに来るすべての人を、罪と死から救われるお方であると信じる

第三章:救い主イエス・キリスト

私たちは、永遠の神であられる主イエス・キリストが、聖霊による処女降誕によって、全き人となられたことを信じる。主イエス・キリストは、私たちを完全に救われるため、罪なきも完全な人としての生涯をおくり、十字架の死によって、その罪のあがないを完成されたことを信じる。

また、主イエス・キリストは,三日目に復活され、天にあげられ、父なる神の右の座に着座され、大祭司としてご自分の民のとりなしをし、ご自分の千年王国を建設するため、この世界に再び見える姿で来られると信じる。

第四章:聖霊

私たちは、みことばとともに、罪と義と裁きとについて世の人々の目を開かれる聖霊を信じる。また、みことばとともに、イエス・キリストを信じる人々に新生を与え、内住し、きよいキリストを内に形作らせたまう聖霊の働きを信じる。

第五章:人間

私たちは、神がその創造の初めにおいて、ご自分のかたちに人間を創造されたことを信じる。すべての人間は、アダム以来、生まれながらにして、また意識的にも、神を見上げない罪人であり、神との交わりを失い、神のかたちをゆがめ、霊的に死んでいる者であることを認める。

第六章:救い

聖書は、「神は実にそのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。れは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」と語る。それゆえ私たちは、キリストを自分の主および救い主として受け入れる者が、罪を赦され、義と認められ、神との和解を得、神の子とされ、永遠の救いの相続人となり、贖いの日には、恐れることなく神の御前に進み出、それぞれの行いにふさわしい神の栄誉と賞賛を受けることを信じる。しかし、拒絶する者は永遠に神から引き離されると信じる。

第七章:教会

私たちは、「普遍的教会」が、新生したすべての者によって構成され、その頭はキリストであることを信じる。また、「地域教会」は、信仰告白とバプテスマによって、イエス・キリストとともに葬られ、新生した者たちが、神の国に近づく恵みの場であることを信じる。

私たちは、「主の再び来られる時まで」バプテスマと主の晩餐の式とを守るように命じられており、また、失われている世界にイエス・キリストを救い主として受け入れ、彼を主、また師として王座につかせるように説き勧める使命に、忠実に従うよう求められていることを信じる。

第八章:社会・国家

私たちは、人間性の改善と社会の改良は福音の必然的な結果であることを信じる。また、私たちは、全人類が、信仰のあらゆる問題において、ただ神に対してのみ責任を持つことを信じる。

さらに、私たちは、各教会は独立かつ自治であり、いかなる教会会議の権力や政治的権威による干渉からも自由でなければならないと信じる。それゆえ、教会と国家とはそれぞれ異なる機能を持ち、ほかの一方からの命令や保護なしに、それぞれの務めを果たすものとして分離されていなければならないと信じる。

第九章:終末

私たちは、主イエス・キリストが再び来られる時、この世は終わり、すべての者のさばきがなされ、キリスト者の救いが完成されることを信じる。また、私たちは、その日,神の御顔を仰ぎ見る光栄にあずかることを信じる。

「神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。」(エペソ人への手紙1章4節)